2015年9月7日月曜日

この夏も、やがてあの夏になる

「この夏も、やがてあの夏になる」
最近中日新聞に出ていて思い出しましたが、仲畑貴志さんのこのコピーは傑作だと思う。

澤田誠 著「なぜ名前だけがでてこないのか」を引用すると、
長期にわたって記憶にとどめられるには、脳内で繰り返し呼び覚まされる必要がある。楽しかった経験は何度も呼び覚まされているうちに、より強く記憶にとどめられるが、辛い記憶を呼び覚ますことは神経細胞にとってはダメージとなり、時には細胞を殺すほどの毒になることもある。辛い記憶を呼び覚まして強化することは脳にとっては不都合であるため、辛い経験の記憶そのものが無くなることはないが、「辛かった」という印象は徐々に薄れていく。

これが場合によって体罰の美化につながることもあり注意が必要とのことですが、自分も病院修業時代はつらいことも多かったと思いますが、今となれば楽しい思い出しかありません。

夏の初め、沢から転落しアキレス腱断裂を発症された患者さんがみえました。「今年はもう渓流釣りに行けない」と嘆く患者さんに対し、今はつらいけどいずれ笑い話になりますよと慰めたことを思い出します。
「あの夏は怪我したけど、接骨院で親切に治してくれたなあ」と長く記憶にとどめてもらえるよう、楽しく、かつしっかり治す努力をしたいと思います。

2015年8月9日日曜日

山本昌負傷交代

歴史的先発も…山本昌、突き指で22球緊急降板「こんな形で…申し訳ない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150809-00000083-nksports-base

投げた時に足に指が当たったそうです。
治すのでうちに来なさいといいたい。
これが事実上の引退試合かなあ?

2015年6月26日金曜日

これは成功したらすごいけど

「頭を体から切り離し他人と結合」難病男性が手術へ

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150626-00000062-jnn-int


もし同じ立場ならどうするだろうか?

2015年4月25日土曜日

アトピーの原因

最近話題になっていますが、
アトピーの原因は黄色ブドウ球菌だそうです。
今までわからなかったのが不思議。

http://matome.naver.jp/odai/2142966777150998501

2015年4月19日日曜日

関節のポキポキの正体

興味深い記事ですのでリンクを貼っておきます。

指の関節をポキポキ鳴らすと◯◯ 長年の議論がついに決着か(研究中)

http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/18/cracking-your-knuckles_n_7094258.html?ncid=fcbklnkjphpmg00000001

2015年2月17日火曜日

お勧め図書

最近読んだ本で良かったのでお勧めします。

痛みの考えかた 丸山一男著

痛みについては本を読んでも右から左に忘れてしまうという事を繰り返していましたが、この本では恐らくコメディカルを対象として念頭に置いているためか、説明が詳しく、痛みのメカニズムが理解しやすいです。
例えば
発痛とは細胞で活動電位が発生する事であり、
鎮痛とは活動電位を発生させないこと
具体的な鎮痛メカニズムは
・活動電位発生の元である電位依存性Na+チャネルを直接閉じる(局所麻酔剤)、
・細胞内にNa+が入るのを促進し、K+が出て行くのを阻害する作用のあるプロスタグランディンEの産生を阻害する(NSAIDs)
注)Na+やK+が細胞内に貯留すると陽イオンが細胞内に溜まるので膜電位が上がり活動電位につながる。プロスタグランディンは膜電位を上げる作用がある。
・正常な膜電位に比べ膜電位を低下(過分極)させる(オピオイド、モルヒネなど)
・慢性痛ですでに上昇している膜電位を下げ正常化する(セロトニン、ノルアドレナリン、GABAなど)

膜電位や活動電位単位で痛みをとらえる事があまりなく、参考になりました。

また今更と言われるかもしれませんが、下降性疼痛抑制などどの本を読んでも少しわかりにくかったものが何となく理解できるようになりました。

乱文で申し訳ありません。最近の疼痛関連の本では自分は一番わかりやすいと思いました。値段も手頃(3500円位)ですので、一度読んでみてはいかがでしょうか?

2015年2月14日土曜日

不合格通知

先日、書棚を整理していたところ突然、不合格と言う文字が飛び込んできました。

夜間部の不合格通知でした。

昼間部には合格し、現在があるわけですが、
20年位前のことですっかり忘れていました。

立派な先生方に推薦状をもらっていたので、
落ちるとは思っていませんでしたが、
どちらか好きな方へ行くと言うご身分では無かったようです。

当時、大学で散々遊んで受験(国語と生物、英語だったと思う)したもので、
仕方が無いなと思いつつ、少し凹みました。